シード粒子存在下における均一核生成の工学的モデル Engineering Model for Homogeneous Nucleation in System Containing Seed Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

核となるシード粒子が存在している状態での粒子生成について, 前報 (Kousaka and Nomura, 1997) の均一核生成モデルを適用し, さらにそれに粒子個数濃度の空間分布がランダムであることを考慮して解析を行った.解析結果を確かめるために, シード粒子の粒径と個数濃度および前駆体モノマーの生成速度を変えた液相還元法による銀粒子の生成実験を行ったところ, 1) 均一核生成が支配的な操作条件, 2) 粒子成長が支配的な操作条件, および 3) これらが共存する操作条件は解析結果を用いて良好に説明づけられた.

Homogeneous nucleation in system containing seed particles is analyzed. The model proposed by the present authors (Kousaka and Nomura, 1997) is applied in the analysis taking additional modification into account where spatial distribution of nuclei is assumed not to be uniform, but random. Experiments, where the diameter and number concentration of seed particles and the generation rate of monomer (precursor) were varied, were performed to verify the analysis. It is found that present analysis can predict well the operating conditions where 1) homogeneous nucleation is predominant, 2) particle growth is predominant and 3) homogenous nucleation and paricle growth coexist.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 673-678, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768007
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293932
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ