炭酸カルシウム中間体懸濁溶液への塩化ナトリウム固体結晶添加による生成カルサイトの成長現象 Crystal Growth of Calcite Precipitated by Addition of Sodium Chloride Crystal to Calcium Carbonate Intermediate Slurry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鵜飼 健司 UKAI Kenji
    • 早稲田大学理工学部応用化学科 Applied Chemistry, School of Science and Engineering, Waseda University
    • 豊倉 賢 TOYOKURA Ken
    • 早稲田大学理工学部応用化学科 Applied Chemistry, School of Science and Engineering, Waseda University

抄録

塩化カルシウム水溶液と炭酸ナトリウム水溶液との反応において生成する炭酸カルシウム中間体懸濁溶液中に塩化ナトリウム結晶を固体のまま添加する事によりカルサイトが選択的に生成することを見出し, その適用範囲について検討を行った.また, 本法により生成するカルサイト結晶の中間体存在下における成長速度と反応溶液中のカルシウムイオン濃度を実測した.反応溶液中のカルシウムイオン濃度は中間体が十分存在すると約0.005mol/<I>l</I>付近でほぼ一定となった.これは炭酸カルシウム中間体が十分に存在する場合に, 中間体が溶解することによって反応溶液中のカルシウムイオン濃度が一定に保たれると考える.その範囲でのカルサイトの成長速度は1.2μm/minで一定であり, これは反応溶液中のカルシウムイオン濃度が一定となるためであると考えた.

Precipitation of calcite is studied by reaction between aqueous solutions of calcium chloride and sodium carbonate in a batch crystallizer. The calcium carbonate intermediate generated by reaction between these solutions was rapidly transformed to calcite by addition of sodium chloride crystals under some operational conditions, which are determined in this study, and then calcite gradually grew in the intermediate slurry. The crystal growth rate of calcite is obtained as 1.2 μm/min when enough amount of calcium carbonate intermediate coexists. The crystal growth rate of calcite is kept constant by the fact that the concentration of calcium ion in the reacting solution is saturated by dissolution of the calcium carbonate intermediate.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 707-712, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768064
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293937
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ