回転円板上淀み点流れの流動特性 Flow Near a Rotating Disc with Stagnation Flow

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

回転円板上淀み点流れの流動特性を実験的に検討した.レーザドップラ流速計を用いて周方向速度を測定し, 可視化実験により装置内の二次流を観察した.実験結果から, 円板の回転レイノルズ数に比べて回転円板に垂直方向に接近する流れのレイノルズ数が小さい時, 回転円板上部に循環流が発生し, この循還流は円板の回転周波数の1/2~1/6倍程度の周波数で変動することがわかった.また, 層流から乱流への遷移レイノルズ数は約1.5×10<SUP>5</SUP>であり, 遷移域では円板回転周波数の約28倍の周波数の速度変動が卓越することがわかった.さらに, 層流域での周方向速度は無限回転円板の層流の解析解と一致することがわかった.

An experimental investigation of flow near a rotating disc with stagnation flow has been carried out. Flow visualization indicates that a circulating flow appears on the disc and fluctuates with a frequency of half to one sixth of that of the rotating disc. Measurements of circumferential velocity have been made by a laser Doppler velocimeter. The result shows that the transition to turbulent flow occurs at a local rotational Reynolds number of 1.5 × 10<SUP>5</SUP>, and the velocity fluctuates with a frequency 28-times as large as that of the rotating disc in the transitional region. The time smoothed circumferential velocity in the laminar region is in good agreement with the theoretical value of the free disc, irrespective of the Reynolds number of the approaching flow.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 713-719, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768071
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293938
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ