周期圧法による充填層内サブミクロン微粒子の流出特性 Efflux Performance of Submicron Particles in Packed Bed under Periodic Pressure Conditions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 曽 維平 WEI-PING Zeng
    • 名古屋大学大学院工学研究科分子化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Naogoya University
    • 入谷 英司 IRITANI Eiji
    • 名古屋大学大学院工学研究科分子化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Naogoya University

抄録

粒子充填層内に含まれるコロイド微粒子の流出特性とその効率化は, 炉過ケークや圧搾ケークの洗浄, 透過によるケーク内成分の回収をはじめ, 清澄炉過における粒子充填層の洗浄や膜炉過における分離膜の洗浄にもつながる重要な問題である.炉過ケーク内に含まれる溶解成分の洗浄については多くの報告 (Choudhury and Dahlstrom, 1957;Chang and Bixler, 1967; Wakemanand Rushton, 1974) があるが, コロイド微粒子の洗浄特性に関する研究はほとんど見られない.本研究では, 粒子充填層内にコロイド微粒子を均一に分散させて超純水の透過実験を行い, コロイド微粒子の洗浄流出特性について検討した.定圧洗浄に比べ, より効率的な洗浄法の開発のための基礎的知見を得ることを目的として, 充填層に加える透過圧力を周期的に変化させる周期圧法におけるコロイド微粒子の流出特性について検討した.

Permeation experiments of ultrapure water were conducted under periodic pressure conditions using a packed bed obtained by dispersing submicron particles of polymethyl methacrylate (PMMA) uniformly into a packed bed of particles of White Alundum. It is clearly demonstrated that washing performance under periodic pressure conditions where the permeation pressure is applied periodically is improved dramatically, compared with that under constant pressure conditions. It is also shown that the effect of periodic pressure operation is especially noticeable in the initial stage of the pressurizing period, and that a pressurizing time smaller than 2 min is very effective under conditions examined in this study.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(5), 730-732, 1997-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768106
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4293941
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ