壁面温度が水平横方向に急変する平行平板間における重力流に誘起された層流縦渦の流れ構造と伝熱機構 Flow Structure and Heat Transfer Mechanism of Laminar Vortex Rolls Driven by Gravity Currents between Parallel Plates of Non-Uniform Wall Temperature

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

上下壁面温度が主流に対し水平横方向に急変する平行平板間の温度急変部に発生する, 主流方向に軸を持つ層流縦渦について, 流れの可視化実験及び3次元定常数値解析により考察した.この縦渦が壁面近傍の水平方向の流体密度差に起因して発生する重力流に誘起され, 重力流の方向及び強さにより縦渦の発生機構が4種類に分類できることを明らかにした.またこの縦渦が上面及び下面の局所Nusselt数分布に及ぼす影響を明らかにした.

Laminar vortex rolls which occur between horizontal parallel plates, of which the temperature is not uniform in the lateral direction normal to the forced main flow, are investigated by means of a flow-visualization technique and 3-D steady state numerical calculation. It was found that the vortex rolls were driven by the horizontal gravity currents, which were caused by density difference in the lateral direction, and that the generation mechanism of the vortex rolls could be classified into four types. The effects of vortex rolls upon the local Nusselt number were also investigated.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 749-755, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768137
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334845
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ