パターン発展方程式に基づくベナール対流パターンの解析 Analysis on Benard Convection Pattern with Pattern Evolution Equation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井上 義朗 INOUE Yoshiro
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻 Department of Chemical Science and Engineering, Graduate School of Engineering Science, Osaka University
    • 平田 雄志 HIRATA Yushi
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻 Department of Chemical Science and Engineering, Graduate School of Engineering Science, Osaka University
    • 欅田 榮一 KUNUGITA Eiichi
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻 Department of Chemical Science and Engineering, Graduate School of Engineering Science, Osaka University

抄録

ベナール対流場でみられる水平面内のパターンの時間変化を, パターン変数による一般化Ginzburg-Landau型の発展方程式を用いて数値シミュレーションし, 既往の実験や理論解析の結果と比較した.現象論的に導出されたパターン発展方程式は, 一個の非線形微分方程式であるにも拘わらず, 超臨界レイリー数域でみられるロールセル, 六角セル, ジグザグロール, クロスロールなどの様々な対流パターンや波数の変化を表現することができる.このような解析法は, パターン形式を伴う現象の解析を大幅に簡略化することができる.

The time evolution of a plane pattern in Bénard convection field is numerically simulated with the generalized Ginzburg-Landau evolution equation described with the pattern variable, and the obtained numerical results are compared with and discussed previous experimental and theoreticalesults. In spite of a single non-linear differential equation, the evolution equation derived phenomenally is able to express the various convection patterns : roll cells, hexagonal cells, zigzag-rolls, cross-rolls, and the wave number change observed in super-critical Rayleigh number. This approach makes the procedure for analysis of the phenomena accompanied with pattern formation extremely simplify.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 23(6), 756-763, 1997-11-20

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768146
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334846
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ