東アジアでの大気汚染物質の長距離輸送に関する数値シミュレーション Numerical Study on Long-Range Transboundary Transport of Air Pollutants in East Asia -numerical simulation of springtime high-concentration-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 姜 錫在 KANG JEA Seok
    • 九州大学大学院総合理工学研究科大気・海洋環境システム学専攻 Department of Earth System Science and Technology, Kyushu University

抄録

東アジアの大気質は, 化石燃料の消費の急増や高い経済成長率と人口増加によって急激に悪化することが懸念される.春の晴れた日には, 大規模な風系が発達しアジア大陸から太平洋へ向かって汚染物質が長距離にわたって輸送されることがよくある.<BR>本研究は, この地域での大気汚染物質の濃度変化を知るために輸送・化学・沈着のオイラー型数値モデルを用いて春の非降雨の高濃度発生時に対してシミュレーションを行った.このような高濃度発生時には, 大陸から北西太平洋へ向かう長距離輸送の証である黄砂現象が発生していた.一方, 日・中・韓の三国共同の野外観測を1993年から3年間3回にわたって実施し, 煙台, 済州島, 鹿児島の3ヵ所で大気汚染物質の濃度を測定した.<BR>まず, 東アジア地域における野外観測値やモニタリングデータとシミュレーション結果との詳細な比較から, 本数値モデルの妥当性が検証された.また, 汚染物質の高濃度汚染ベルトが中国東部地域から韓国南部, 西日本地域にかけて鮮明に形成されていることもわかった.特に, このベルト地域での対流圏オゾン濃度は非常に高く, 日本や北西太平洋の高濃度オゾンは大陸からの長距離輸送によってもたされることが明らかになった.

Air quality in East Asia could deteriorate considerably as a consequence of accelerated development of fossil fuel systems and high economic and population growth rates. Frequently, on clear spring days large scale wind systems develop and transport pollutants from the Asian continent towards the Northwestern Pacific Ocean. On these high-concentration days, a yellow sand event shows good evidence of long range transport from the continent toward the Northwestern Pacific Ocean occurs. In the present paper, an Eulerian transport/chemistry/deposition model of regional-scale is developed to obtain the concentration changes of air pollutants over this area and a series of numerical simulations are carried out for clear springtime high-concentration air pollution epiosodes, mainly from 31 March to 3 April 1993. A field observation is also carried out to measure the concentration of air pollutants at three sites in Yantai (China), Cheju island (Korea) and Kagoshima (Japan) in 1993, 1994 and 1996.<BR>At first, from a detailed comparision of the simulation results with the field observation and monitoring data in the East Asia, the validity of the present numerical model is confirmed. Secondly, by numerical simulation, the formation of a highconcentration air pollution belt in East Asia, connecting the eastern area of mid-China, the southern area of Korea and the western area of Japan is shown clearly. In particular, the trospheric ozone concentration in this belt area is found to be remarkably high and a high ozone, concentration at the level of Japanese Environment Standard or more, resuits in Japan and the Northwestern Pacific Ocean through long range transport from the continent.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 850-860, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768376
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334858
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ