高次風上差分法を用いた円筒容器内の気液二相流解析(二相流モデルの比較と差分近似法の比較) Analysis of Gas-Liquid Two-Phase Flow in a Cylindrical Vessel (Comparisons of Two-Phase Flow Models and Higher-order Up-wind Difference Schemes)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

気液二相流を, 一圧力モデルと分散流モデル (共に二流体モデル) により, 数値解析を行ない, かつ実験も行なった.分散流モデルの移流項には4種類の高次風上差分法 (Kawamura-Kuwahara法, UTOPIA法, QUICK法, 二次風上差分法) を用いて比較した.水を満たした円筒容器の底面中央より気泡を吹き込んだ場合の計算の結果, 分散流モデルが一圧力モデルよりも, より安定に解が求まった.また, QUICK法により求められた渦の大きさが可視化実験結果と最もよく一致した.つまり, 分散流モデルにQUICK法を用いたものが本系に対して最も優れていた.

A dispersed flow model a two-fluid model for a gas-liquid two-phase flow problem. This dispersed flow model is compared with a single pressure model used generally by adopting higher-order up-wind schemes for the advection terms. They are Kawamura-Kuwahara, UTOPIA, QUICK and the second order up-wind schemes. Analyses were carried out for a bubbly flow injected from a small circular central bottom wall of a cylindrical vessel.<BR>The computation for the dispersed flow model is more stable than the single pressure model. The QUICK scheme gives the best agreement with the measured results of the four schemes.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 861-869, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334859
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ