サイクロン内の3次元シミュレーション(直接法による検討) Three Dimensional Numerical Simulation in Cyclone Classifier Using Direct Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高性能サイクロン設計の指針となる情報を得るため, 直接法を用いた3次元シミュレーションでサイクロン内の流れ及び粒子軌跡の計算を行い, 実験結果と比較検討した.<BR>ブローダウンを行わない場合と比べ, ブローダウンを行うと, 全捕集効率は上昇する.これは, 主にサイクロン下部円錐壁近傍での流量の増加及び旋回成分の成長に起因することがシミュレーションの結果から明らかとなった.<BR>粒子軌跡の3次元シミュレーションより, ブローダウンの有無に関わらず, サイクロン入口下部から流入する粒子ほど捕集されやすいことが認められた.<BR>また, 計算した部分分離効率と実験値を比較した結果, ブローダウンを行うとブローダウンを行わない場合と比較して, 粒子のサイクロン壁面近傍での再飛散を軽減できることが確認された.

In order to obtain the information of the high-performance cyclone classifier, three-dimensional numerical simulation and experimental studies are conducted on the fluid flow and particle trajectory in a cyclone classifier with and without blow-down. By use of the blow-down method, the overall separation efficiency of a cyclone is higher than the case without blow-down. From the results of simulation, the reason for this is found to be the fact that downward velocity components and circumferential velocity components near the conical wall are stronger in the case of blow-down compared to the case without blow-down.<BR>It is also found by the simulation that regardless of the use of blow-down method, as the initial position of particles at the cyclone entrance is lower, the partial separation efficiency becomes higher.<BR>It is also made clear by comparing the calculated partial separation efficiency and experimental results that in the case of blow-down method, the repulsion probability of particles near the wall becomes lower than the case without blow-down.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 885-891, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768438
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334862
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ