オクトチアミンの精製晶析に関する研究 Studies of Refining Crystallization on Octotiamine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

精製結晶として得られた医薬品の大部分は, 添加剤を混合して錠剤を造り, 服用される.このような医薬品に対して要求される最も重要な特性は, 錠剤からの溶出速度が所定値に調節できることである.錠剤の溶出速度は結晶の内部構造, 粒径, 添加剤との親和性などによって変化する.このような薬・剤複合化技術の開発として, 活性ビタミン剤であるオクトチアミンの晶析を行い, 最適な錠剤化が可能な晶析法および条件を確立した.さらに, 本晶析法のスケールアップ因子についても検討を行った.

Most medical supplies which are obtained as purified crystals are produced in the form of tablets mixed with additives before dosing. The most important property for such medical supplies is to control the elution rate of tablets appropriately. The elution rate changes according to the internal structure, crystal size, affinity with additives and other factors. To develop such a complex, compound tablet, crystallization of Octotiamine was carried out and the crystallization method and conditions that produced the optimum tablet are established. Furthermore, we examin scale-up factors for this crystallization process.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 906-913, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768466
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334865
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ