回転式蓄熱バーナ(RRX)の燃焼特性 (RRXバーナの開発その2) Combustion Characteristics of a Rotary Regenerative Combustion System (RRX)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは燃焼器と回転再生式熱交換器を一体化した連続燃焼の可能な省エネルギー型の回転式蓄熱バーナを開発研究している.<BR>この回転式蓄熱バーナは, 火炎の形状をシャープに保つために燃料ガスと並行してモーテブ蒸気あるいは空気を使用しており, その流量を変化させることにより燃焼特性が変化する.炉内の流速分布, 温度分布およびNO<SUB>x</SUB>濃度分布をモーテブ蒸気量を変えて測定した結果, モーテブ蒸気量が多いと炉内温度分布はより均一になり, 結果としてNO<SUB>x</SUB>濃度も低くなっている.<BR>またこのバーナの特性として, 炉内で燃料と空気が反応してできた高温排ガスはバーナに全量戻ってきて熱交換され, バーナより系外へ排出される.しかし, バーナの設置されている反対の炉の端に煙道を設けて排ガスの一部をバーナに戻さずに系外へ逃がすことによって, このバーナへ戻ってくる排ガス量を減少させてやるとNO<SUB>x</SUB>は徐々に低減し, 火炎の長さは長くなっていく現象が見られた.さらにこのバーナは容易に油燃焼が可能であることが実証された.

We have developed a rotary regenerative combustion burner (RRX burner) as an energy saving type, which is combined with a regenerative air preheater and can be operated continuously.<BR>In this burner, motive steam or air is provided through a jet nozzle located coaxially outside of the fuel gas nozzle to keep the flame sharp. By changing the flow rate of motive fluid, combustion characteristics of the burner can be easily changed. Test results indicate that, by increasing the flow rate of the motive steam, the temperature profile along the flame becomes more uniform and NO<SUB>x</SUB> concentration therefore becomes lower.<BR>Another characteristic of this burner is that the whole amount of high temperature combustion flue gas returns to the burner and is exhausted to the flue through the burner after exchanging heat with incoming fresh air.<BR>We tried to reduce the amount of hot return gas to the burner by providing a new flue on opposite side of the burner wall so as to exhaust some of combustion gas through it.<BR>As a result of the above, it is observed that by decreasing return gas, the concentration of NO<SUB>x</SUB> is lower and the flame is longer.<BR>In addition, it is proven that fuel oil can also be burned with this RRX burner without any serious problems.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 914-919, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768480
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334866
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ