SiC被覆されたC/Cコンポジットのメタン-空気予混合燃焼場中における耐酸化特性 Oxidation Resistance of C/C Composites Coated by SiC in Premixed Methane-Air Combustion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

C/Cコンポジットの耐酸化性の向上を目的として, CVD法およびパックセメンテーション法を用いてSiCを被覆し, 燃焼場中における耐酸化性の改善効果を検討した.<BR>耐酸化特性の評価は, 温度1,770Kおよび1,900K, 当量比0.9のメタン-空気予混合燃焼場中に10時間曝露し, 試料重量の経時変化の測定および電子顕微鏡を用いた表面観察により行った.<BR>CVD法により被覆した試料では重量減少はかなり抑制されたが, 基材と被覆層との密着性が弱く, この方法の適用は困難であると考えられた.パックセメンテーション法により被覆した試料では表面構造の変化は僅かであったが重量は激減した.これは被覆層の形成時に層内に細孔が生じるためと考えられた.この細孔をシールする目的でSiC被覆層上にガラス質の二次被覆を施した試料について同様の検討を行ったところ, 重量減少は認められず優れた酸化劣化の抑制効果を有していることが明らかとなった.

This paper describes the effects of SiC coating on the oxidation resistance of C/C composites in combusting fields, which are expected to be applied to high temperature structural materials at over 1770 K. The coating methods employed were CVD and pack cementation. The time changes in weight loss of the specimens were measured at temperatures of 1770 K and 1900 K under the equivalence ratio of 0.9 generated by methane-air combustion, and the surface of the specimens before and after the experiment was observed by SEM.<BR>Although the weight loss of the specimens coated by the CVD method was minimal, the coating layer was easily peeled off from the substrate.<BR>On the other hand, the layer of the specimens coated by the pack cementation method was stable and adhered to the substrate, but the substrate was degraded because of penetration of oxygen through the pores in the layer. To cover the pores, the specimens were additionally coated with glass materials comprised of metal-Si, B<SUB>4</SUB>C, SiC and ZrSi<SUB>2</SUB>. No weight loss occurred for the double-coated specimens, and this coating technique seems to be promising to enable C/C composites to resist oxidation in combusting fields.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 928-933, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768495
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334868
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ