ナトリウムイオンおよびアンモニウムイオンの多孔質ガラスにおけるイオン交換平衡 Ion Exchange Equilibriums of Sodium Ion and Ammonium Ion on Porous Glass

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤吉 一誠 FUJIYOSHI Issei
    • 鹿児島大学工学部応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Kagoshima University

抄録

ナトリウムイオンおよびアンモニウムイオンを多孔質バイコールガラス粒にイオン交換法により298Kにおいて吸着させた.固体酸において酸性度の異なる複数種のイオン交換サイトが存在し, それぞれがイオン交換平衡を維持することを前提としたイオン交換量の推算式を提示した.イオン交換量の推算値が実験値と一致するように行なわれた数値解析により, 2つのイオン交換平衡が示され, 見かけのイオン交換平衡定数および有効酸量が算出された.これによりナトリウムイオンおよびアンモニウムイオンの交換量の推算が可能となった.また, ナトリウムの見かけのイオン交換平衡定数は酸性度指数pKaで6.41および8.72に相当し, 多孔質ガラスがかなり弱酸性の二塩基固体酸であることが分かった.このような多孔質ガラスの酸性度はgeminal型およびvicinal型シラノール基に起因し, isolate型はイオン交換に寄与しないと考えられた.

Sodium ion and ammonium ion were adsorbed by the ion exchange method on granular porous vycor glass at 298 K. An equation to estimate the amount of ion exchanged was introduced, assuming that solid acid contains mutiple kinds of ion exchange sites which have different acidities is and ion exchange equilibria respectively. A numerical analysis is carried out in order that the estimated values are fitted in with the experimental values for the amount of ion exchanged. It reveals two kinds of ion exchange equilibria, and give the apparent ion exchange equilibrium constants and effective amounts of acid. Then, the amounts of sodium ion and ammonium ion exchanged can be estimated. The apparent ion exchange equilibrium constants of sodium ion corresponding to the acidity index, that is, pKa of 6.41 and 8.72, suggest that porous glass is a considerablely weak dibasic solid acid. It is considered that such acidity of porous glass is due to geminal-type and vicinal-type of silanol groups and that isolate types do not contribute to ion exchange.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 23(6), 942-946, 1997-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002768511
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4334870
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ