光弾性法における位相子モデル II. 位相子による近似 Piled Retarders Model in Photoelasticity II. Retarder Approximation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

This paper discusses how to describe the state of polarization of light propagating through a photoelastic model by the retarders model approximation. The approximation is applied to a description of the polarization state along a light path in the case of a uniforrn rotation of the secondary principal axes. The dependence of the polarization state on the number of divisions of the path into small sections is illustrated.

収録刊行物

  • 光弾性学論文集 : proceedings of the Japan Society for Photoelasticity  

    光弾性学論文集 : proceedings of the Japan Society for Photoelasticity 16(1), 45-50, 1996-02 

    The Japanese Society for Experimental Mechanics

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002782068
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00313885
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09109854
  • NDL 記事登録ID
    4138289
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z14-1093
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ