鳥瞰写真から平面地図への変換 -第2報 (2次元より3次元への展開) Deriving a Ground Plan from a Bird's-Eye View (part 2 : Developing Two-Dimension into Three-Dimension)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

前論文では1枚の鳥瞰写真をもとに対象物の平面図を得る方法を示した.本論文ではこの原理を応用して2枚の鳥瞰写真から対象物の3次元計測を行う方法を開発した.この方法は以下の手順で実施される.<BR>(1) 平面上に3次元の対象物と正方形状の指標を配置する. (2) この指標と対象物を異なった方向から2枚撮影する. (3) それぞれの鳥瞰写真を2枚の平面図に変換する. (4) 2枚の平面図の幾何学的な対応関係を用いて3次元座標を計算する.次にモデルを用いてこの方法の計測精度を調べた結果, 相対誤差0.3%以下であった.さらにこの方法を遺跡から出土した古銭の位置の3次元計測へ応用し, この方法が広い分野で有効であることを示した.

In the previous paper, the author presented a method of making a plan of a two-dimensional object with a high accuracy level from its bird's-eye photograph. In this paper, the author presents the development of a method for easily obtaining the coordinate values of a three-dimensional object by using its two photographs. This method involves the following procedure : (1) arranging four marks into a square on a plane with a three-dimensional object, (2) taking two pictures of these marks from different positions, (3) converting two bird's-eye photographs into two plans of the object, and ( 4 ) calculating the coordinates of a threedimensional object using geometrical relationships between the two plans. As a result, a three-dimensional object can be established. The measuring error of this method was investigated for model blocks. The relative error in length was very small, less than 0.3%. Moreover, this method was applied to three-dimensional measurement of the positions of old coins in an excavation site of ruins, which showed the utility of this method to a wide range of applications.

収録刊行物

  • 図学研究  

    図学研究 33(1), 45-50, 1999-03-01 

    日本図学会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002783668
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125240
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875512
  • NDL 記事登録ID
    4690309
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-457
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ