プロトコル分析からみた建築設計のシークエンス -ドローイングを伴う設計プロセスの研究 A Protocol Analysis Study on the Sequence of Architectural Design Processes -Studies on the Drawing Processes in Spatial Design Activities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

デザインはドローイングを利用する問題解決行動ととらえることができる.本論では建築設計を対象として, プロトコル分析の前提とする仮説と手法を既往研究と共有しながら, これらの研究では扱われていないドローイングごとに見た設計プロセスの進行の問題を考える.すなわち, リアルな設計条件を課題として建築家に提示する実験を行い, その設計作業時に得られる同時的発話のプロトコルを, 描かれるドローイングごとに分けて記録した.そしてそれぞれのドローイングごとのプロトコルの内容からそのドローイングにおいて建築家がどのような思考を試みたのかを分析する.因子分析の結果, 設計作業中の発話情報から描かれるドローイングの設計プロセス全体における位置づけをある程度明確にすることができた.またドローイングを描き分けることによって, 建築家は単に異なる案を示すだけではなく, 推論, 実体の両方向へ螺旋状に思考を展開していることがわかった.

As designing is a problem-solving for which drawing activity is indispensable, it is natural to expect that the underlying strategy of making a series of drawings for a design solution would reflect the nature of design problem-solving behaviour. This paper aims at finding out the architects' strategies underlying their fluent production of drawings, from their concurrent verbalization during experimental design session. The verbal data of the 3 practicing architects are encoded for each drawing phase, according to the improved version of Eckersley's<SUP>4) </SUP> coded verbalization types for protocol analysis, before factor analysis is applied. 2 factors are pointed out and defined as inference factor and substantial thinking factor. It is suggested that, throughout the seriese of drawing phases, each architect searches the solution along the 2 axis of inference and substantial thinking, and 2 cyclic search strategies are identified as a result.

収録刊行物

  • 図学研究  

    図学研究 33(1), 55-61, 1999-03-01 

    日本図学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002783679
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125240
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875512
  • NDL 記事登録ID
    4690323
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-457
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ