図学におけるCAD教育の一事例 -(円周の直延) A Case of CAD Education for Descriptive Geometry -(Rectification of Circumference)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 近似的ではあるが, 高品位の円周ないしは半円周の直延した図を描くことにある.パーソナルコンピュータ (CPU=200MHz) と印刷機 (600dpi) を使い, OSとしてはMS-DOSを, ソフトウェアとして汎用CADを使用した.最初に, 学生の実習での線分分割の傾向を統計的に示した.次に, (1) 精度2×10<SUP>-5</SUP>%で円の直延を実現できる理論根拠を, (2) 拡大表示された画面上でマウスとキーボードを使い, 線分を精度よく描がく新方式を, (3) として, 在来法より作図誤差の低い近似円の直延法の例を示した.提示した方法により, 図学での二次元CAD操作を, 良く理解できるようになることが要点である.

The objective of this study is the development of a method, which draw high quality pictures of approximate circumference or semicircular arc, more accurately. The hardware components consist of a personal computer (CPU=200 MHz) and a laser printer (600 dpi) . We use OS (MSDOS) as operation system and a general purpose CAD software. In this paper, first, we show statistical trend of students for segmentation of a line. The next, it presents (1) a theoretical basis of circumference drawing, in which inaccuracy is 2×10<SUP>-5</SUP>%, (2) a new method of line / circle drawing for highly magnified figure on CRT display by mouse / keyboard combined operating, (3) examples of approximately circumference as low inaccuracy drawing under existing method. It is basically important that the representation method makes it easy to understand of twodimensional geometric CAD operation.

収録刊行物

  • 図学研究  

    図学研究 33(1), 63-68, 1999-03-01 

    日本図学会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002783687
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125240
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875512
  • NDL 記事登録ID
    4690330
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-457
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ