栃木県板荷タングステン鉱床のK-Ar年代と硫黄同位体比 K-Ar Age and Sulfur Isotopic Ratio of Ores from the Itaga Tungsten Deposit, Tochigi, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石原 舜三 ISHIHARA Shunso
    • Department of Earth and Planetary Sciences, Hokkaido University Department of Earth and Planetary Sciences, Hokkaido University
    • 佐々木 昭 SASAKI Akira
    • Mineral Resoures Department, Geological Survey of Japan Mineral Resources Department, Geological Survey of Japan

抄録

板荷鉱床のグライゼン変質帯に含まれる白雲母と黒雲母の年代は63.4および63.0Maを示し,この鉱化作用が足尾山地の古期(90Ma前後),新期(65Ma前後)の2時期の花崗岩活動の内,後者に属することが判明した,この年代は同じ関東地方の高取タングステン鉱床の70-72Maより少し若い.グライゼン変質帯に鉱染する砒鉄鉱の硫黄同位体比は-4.8~-5.1パーミルであり,チタン鉄鉱系花崗岩に関連する鉱床の値を示し,特に中部―近畿地方の鉱床の平均値と同じであった.

Muscovite and biotite from the greisenized granite of the Itaga wolframite deposits were dated at 63.4±1.4 Ma and 63.0±1.4 Ma, respectively. The age belongs to the younger group of granite activities of the Ashio Mountains. Lollingite disseminated in the altered granite shows δ34SCDT of ca. -5 permil, which is very similar to the average value of the ilmeniteseries ore deposits of the Chubu-Kinki district.

収録刊行物

  • 資源地質  

    資源地質 45(3), 169-172, 1995-06-10 

    The Society of Resource Geology

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002801586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379890
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09182454
  • NDL 記事登録ID
    3609932
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質) // ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-123
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ