テクトノダイナミック フォースによる鉱化作用について On the Mineralization Controlled by Tectonodynamic Force

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

テクトニックな力が地殻に加わることにより,堆積物から水の放出,温度や圧力の上昇,元素の活性化,鉱液の移動,鉱床元素の濃集などが生じる.そのようなプロセスによって鉱床の空間的分布や鉱化作用の様式が規制される鉱床を,テクトノダイナミック鉱床と呼ぶ.中国におけるこの新しいタイプの鉱床の例を示し,鉱化作用の理解や鉱床探査への有効性について記述した.

Tectonodynamic force plays an important role in controlling the spatial distribution of ore deposits and the mineralization process such as water release from sediments, increase in temperature and pressure, activity of elements, transportation of ore solution, and accumulation of ore-forming elements. The ore deposit produced by the tectonodynamic force is termed as a tectonodynamic ore deposit. The recognition of this new type ore deposit is useful for better understanding the mineralization process and for establishing as an ore-exploration model. Some ore deposits of this type in China are described.

収録刊行物

  • 資源地質  

    資源地質 45(5), 331-339, 1995-10-31 

    The Society of Resource Geology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002801771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379890
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09182454
  • NDL 記事登録ID
    3636760
  • NDL 刊行物分類
    ME51(鉱物・鉱床)
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質) // ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-123
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ