埋立構造の違いによる温室効果ガスの発生と制御 Generation and Control of Greenhouse Gases from Different Landfill Types

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物埋立地から発生するメタンは, 環境庁の報告によると, わが国のメタン全発生量の約30%を占めるといわれており, 地球温暖化防止の面からも注目されている。埋立地から発生するガスは二酸化炭素とメタン等の温室効果ガスが主体であるが, その発生メカニズムや組成は埋立構造の違いによって大きく異なるものの, この埋立構造の違いによる温室効果ガスの発生割合や温暖化への寄与等は明らかにされていない。.<BR>そこで, 本報告では, 埋立模型槽による長期にわたる物質収支の実測データを基に埋立構造別のガス発生予測モデル式を検討し, 埋立構造の違いによる温室効果ガスの発生量を予測するとともに, SheldonArletaモデルを用いて埋立構造の転換に伴う発生ガス量の変化とその削減対策について検討した。<BR>その結果以下のことが明らかになった。<BR>1) 埋立構造の違いによる発生ガス量予測モデル式は埋立廃棄物中の易分解性有機物あたりの累積ガス化率の経時変化曲線を回帰した式によって表現できる。<BR>2) 上記のモデル式を用いて生ごみが主体に埋立処分された実際の埋立地からの発生ガス量を埋立構造別に算出した結果, 準好気性埋立区画は嫌気性埋立区画に比べて温室効果ガス発生量が54%少なかった。<BR>3) 埋立構造を嫌気性から準好気性へ転換することによって温室効果ガスの発生量を抑制することができる。<BR>4) 本試算によって求めた1995年度における最終処分場からのメタン発生量は, 0.32Mt・C/年であり, わが国のメタン排出総量 (0.93~1.47Mt・c/年) への寄与率は21.8~34.4%程度である。

Recently much attention has been focused on the problems of global warming due to greenhouse gases, notably carbon dioxide and methane. Because these gases cause serious problems to the global environment, their generation from landfill sites containing solid wastes has drawn considerable attention and their environmental impact has caused major concern.<BR>At present there is no basic data available concerning gases generated by the biodegradation of solid wastes in landfills. Specifically, no assessment has been made concerning greenhouse gases from different landfill types.<BR>The purpose of this study was to develop a prediction formula for estimating the gasification rate by different landfill types. The formula is based on the measurement data for a long-term aerobic and anaerobic material balance, obtained from two large-scale lysimeters. This paper will also give the semiaerobic type conversion effect on the reduction of gas generation using the Sheldon Arleta equation. From these results, we proposed countermeasure for their reduction.<BR>The main results obtained was as follows;<BR>1) Prediction formulas for gas generation from each landfill type can expressed by a regression cumulative gasification rate curve, related to easily degradable organic matter;<BR>2) Based on the formulas, the amount of greenhouse gases generated from the semiaerobic type of landfill is 54% less than that from the anaerobic one;<BR>3) The conversion of landfill type from anaerobic to semiaerobic type can reduce the amount of greenhouse gases generated from the landfill;<BR>4) As obtained by the Sheldon Arleta equation, the total amount of landfill methane generation in Japan is 0.32 Mt%C/year, corresponding to 21.8%-34.4% of Japan's total methane generation.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(6), 438-446, 1997-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831457
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4323342
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ