焼却残渣中の易溶性元素の溶出特性 Leaching Behavior of Major Components in Municipal Solid Waste Incinerator Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

焼却残渣中のナトリウム, カリウム, カルシウム, 塩素, 硫酸基について, 焼却施設内, 施設問の濃度のばらつきや平均的含有量, そしてバッチ溶出試験, カラム溶出試験, pH依存性試験により各条件下の溶出量を求めた。硫酸カルシウムと水酸化カルシウムを多く含む焼却飛灰は, これらの溶解度の制限を受け, 液固比10の告示法溶出試験によって溶出可能量を求めることができない場合があり, 高い液固比によるバッチ試験の必要性を示した。カラム試験の結果, 溶出は3段階にわかれる。ナトリウム, カリウム, 塩素濃度がカルシウムや硫酸基濃度より高い初期溶出, カルシウムと硫酸濃度が優勢になる中期, カルシウム濃度が主成分となる後期である。液固比1に相当する埋立地を想定し, 易溶性元素の溶出量を推定した。埋立地の濃度と比較すると, カルシウム濃度や硫酸濃度は低いが塩濃度として一致する埋立地もあった。

Major components (sodium, potassium, calcium, chlorine and sulfur) in waste incinerator ash were investigated in regards to their average contents and their leachabilities. A liquid/solid (L/S) ratio of 200 in batch leaching tests is recommended to obtain a totally soluble amount for these components, especially calcium. The results of column tests showed that sodium, potassium and chloride ion leached first, followed by calcium and sulfate ion, and then finally calcium. Estimated concentrations of components in a hypothetical leachate for a L/S= 1 condition, using the release amounts from the column test are almost the same as some actual cases. In some cases, a high salt leachate (more than 1 %) can be seen ten years after disposal has been completed. Sodium and chloride ions are effective indicators for estimating first stage leaching from MSW ash. It should be noted that calcium and sulfate ions will leach more than ten times longer than Na, K, Cl.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(7), 500-509, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831531
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4366608
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ