浸出水流出特性と埋立地建設への課題 Behavior of Landfill Leachate and Parameters of Construction for New Landfill

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埋立地が本格的に研究され始めた1960年代後半, 埋立地の汚染問題の主体は浸出汚水中の有機汚濁物質であり, 高BOD, COD, T-N, 低pH, 臭気等々であった。しかし, 中間処理技術とくに焼却処理の導入の結果, 埋立地に搬入される廃棄物の組成も急変し, 浸出水の質も変化し, 低BOD対応から, 高T-Nそして, 合成化学物質や, 未規制物質への対応へと大きく変化している。また, ごみの焼却率が高まるにつれて, 焼却残渣が主体として処分される埋立地からの浸出水は, 高濃度に無機塩類を含む傾向にある。そのことが浸出水処理施設を始め, 最終処分場の維持管理への弊害や, 周辺環境や生態にも悪影響をおよぼしている。ここでは, 埋立地からの無機塩類流出特性について要約した。

In the 1960's, problems such as high concentrations of BOD, COD and T-N, low pH and bad smell in the leachate were frequent in Japan's landfill sites due to the abundance of organic substances in waste. Nowadays, however, as the composition of landfill waste has changed, so have the problems. Because of the increase in incineration rate, landfill leachate usually contains a high concentration of salt, T-N, and synthetic and non-regulated substances. These changes have deeply affected landfill management and the environment.<BR>In this article we describe the mechanisms of salt outflow from landfills and propose approaches to for landfill construction.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(7), 510-522, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831539
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4366609
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ