高塩類浸出水の処理技術 The Treatment Technology of Landfill Leachates Containing Condensed Inorganic Salts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 焼却処理の高度化に伴い, 焼却残渣中に含有する無機塩類が高濃度となり, 浸出水中の無機塩類濃度を上昇させている。特にカルシウムと塩素の濃度が高濃度となり水処理施設内でのスケール障害や, 放流先での塩害などが発生している。本文は, このような無機塩類問題に対応するためスケール対策や塩類除去対策を行いその成果をまとめたものである。<BR>信頼性が高く確実にスケール障害が防止できる対策としては, 凝集剤併用型のライムソーダ法であることを実験により明らかにした。一方, 塩類除去については, 電気透析法と逆浸透法の実証試験機により浸出水の脱塩処理実験を行い, 処理性能, 回収率等について比較検討した。その脱塩処理過程で発生する濃縮水の再利用技術として, 電解装置による次亜塩素酸ソーダの生成やバイポーラ膜分離装置による酸・アルカリ回収の開発実験等を行い, 有効利用できる次亜塩素酸ソーダや酸・アルカリの生成を確認した。

In recent years, Japan's incineration techniques have been considerably improved to quantitatively reduce and qualitatively stabilize refuse produced in a variety of consumer activities. At the same time, however, as incineration has become more advanced, more incineration residue characterized by small ignition loss is buried in more final disposal sites, resulting in a higher concentration of inorganic salts contained in incineration residue and landfill leachate. The concentration of calcium and chlorine in leachate has risen in particular, resulting in problems such as scale in water treatment facilities and salt problems in areas where leachate is discharged. To solve the problems caused by inorganic salts, the authors have undertaken studies to develop techniques to mitigate the adverse effects of calcium contained in leachate and remove salts from leachate.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(7), 529-539, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831551
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4366611
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ