膜ろ過技術による浸出水処理 Landfill Leachate Treatment by Membrane Filtration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埋立地浸出水の脱塩処理において, 逆浸透法は浸出水中の高濃度の塩類を除去できるのみならず同時に重金属, 難分解性有機物も除去することができる。Rochem社の開発したプレート&フレーム型のROモジュール, DT-Moduleを用いた浸出水処理システムを, 日本の焼却残渣を主体とする高塩濃度の浸出水の処理に適用する実験を行ったところ, 95%の高回収率で安定した運転結果が得られ, 処理水質は水道水レベルの良好な水質であった。濃縮排水の処理については, いくつかの方法が提案されており, 逆浸透法浸出水処理装置と濃縮排水処理装置を組み合わせることにより, 水道水レベルの清澄な処理水を得ることのできる浸出水処理システムの構築が可能となった。

Reverse osmosis systems can simultaneously remove highly concentrated salts and heavy metals and recalcitrant substances contained in the leachate from landfill site. A test plant for leachate treatment, using a reverse osmosis DT-Module with a plate and frame configuration developed by Rochem, has been operated and tested to treat leachate in Japan which came from landfill site where ash mainly from incineration plant had been dumped. The test result showed that the operational performance was very stable even at a recovery rate of 95%, producing very high-grade treated water much like clean city water. For the concentrate treatment produced by the from reverse osmosis system, many cases and methods were proposed. It is highly feasible to construct leachate treatment systems in Japan which produces very clean water like potable water by using DT-Module in rnmhination with a concentrate treatment system.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(7), 553-562, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831587
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4366614
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ