塩素系溶剤の再生施設と分解施設の実態 Actual Conditions of Recycling and Decomposing Facilities for Chlorinated Solvents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 浦野 絋平 URANO Kohei
    • 横浜国立大学工学部物質工学科環境安全工学研究室 Laboratory of Safety and Environmental Engineering, Yokohama National University
    • 木村 ちづの KIMURA Chiduno
    • 横浜国立大学工学部物質工学科環境安全工学研究室 Laboratory of Safety and Environmental Engineering, Yokohama National University
    • 小林 剛 KOBAYASHI Tsuyoshi
    • 横浜国立大学工学部物質工学科環境安全工学研究室 Laboratory of Safety and Environmental Engineering, Yokohama National University

抄録

塩素系溶剤は, 土壌・地下水汚染, 大気汚染およびオゾン層破壊等を引き起こすものがあるため, 使用規制が厳しくなってきた。しかし, ジクロロメタン, トリクロロエチレン, テトラクロロエチレンなどを中心に20万ton以上の消費が続いている。これらによる環境汚染負荷を極力少なくするためには, できるだけ回収し, 再生施設と分解施設を活用して再生利用または分解無害化する必要がある。そこで, 全国の再生施設数, 再生量, 再生システムおよび分解施設数, 分解量, 分解システムなどをアンケート調査およびヒアリング調査によって明らかにした。1995年では産業廃棄物処理業者の24施設で約5.3万tonの塩素系溶剤が再生され, 産業廃棄物処理業者の34施設で約0.95万ton, 製造業者の6施設で約1.35万tonの塩素系溶剤が焼却分解されたと推算されたが, 消費量に対する割合はいずれも低いことが明らかになった。また, 分解施設の中には, ダイオキシン類生成抑制対策について改善を要する施設があることも明らかになった。

Since some chlorinated solvents cause groundwater and air pollution, and destruction to the ozone layer, use of them has been regulated. Despite these regulation, they continue to use more than 200, 000 tons of solvents which include dichloromethane, trichloroethylene and tetrachloroethylene and so on. To decrease environmental pollution by chlorinated solvents, they must be recycled or decomposed by effective use of recycling and decomposing facilities. The number of recycling facilities, the quantity of recycled chlorinated solvents, recycling facility system, the number of decomposing facilities, the quantity of decomposed chlorinated solvents, and the decomposing facilities systems were investigated by means of a questionnaire and hearing. In 1995, 53, 000 tons of chlorinated solvents were recycled at 24 of the facilities owned by industrial waste management contractors, 9, 500 tons were decomposed at 34 of the facilities owned by industrial waste management contractors; and 13, 500 tons were decomposed at 6 facilities owned by makers of chlorinated solvents. Some dissolution facilities need to improve their systems to reduce polychlorinated dibenzodioxins and polychlorinated dibenzofrans.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(1), 56-65, 1998-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831606
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4402649
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ