有機塩素化合物による海棲哺乳動物の汚染と影響 Contamination and Toxic Effects of Persistent Organochlorines in Marine Mammals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

海棲哺乳動物は, 体内に高濃度の有機塩素化合物を蓄積している。この原因にっいて検討したところ, 以下のようなことが明らかになった。<BR>1) 熱帯地域の途上国における有機塩素化合物の利用が, 地球規模の汚染を加速し, 海洋への負荷を増大させている。<BR>2) 有機塩素化合物のフラックスは大気から海水へと流れており, 海洋はこの種の物質のたまり場となっている。<BR>3) 海棲哺乳動物の体内には脂皮と呼ばれる厚い脂肪組織があり, ここが有機塩素化合物の貯蔵庫となっている。<BR>4) 海棲哺乳動物は, 授乳により大量の有害物質を次世代へ受け渡している。<BR>5) 一部の薬物代謝酵素系が欠落しているため, 海棲哺乳動物の有害物質分解能力はきわめて弱い。<BR>海棲哺乳動物では, 現在の汚染レベルで性ホルモンの攪乱や薬物代謝酵素の誘導が起こっており, 有機塩素化合物の毒性影響は今後さらに顕在化する怖れがある。

The present paper overviews organochlorine contamination in marine mammals with regard to ecotoxicology. From a geographical point of view, organochlorine contamination is still spreading globally and tropical zones represent a major emission source for these toxic pollutants. In this context, oceans play an important role as the final depository for persistent organochlorines, and marine mammals tend to be making their homes amongst this garbage of toxic contaminants. Due to specific physiological functions, such as the presence of a large lipid pool (blubber) for accumulaton of organochlorines, lactational transfer of these contaminants in large quantities over generations and small capacity to degrade them, much greater amounts of toxic organochlorines are concentrated in the body of marine mammals through the food chain. Therefore, long-term accumulation and the chronic toxic effects are of great concern with regard to marine mammals, in particular the coplanar PCBs which evidenced the induction of P-450 enzyme systems were noticeable in seals and cetaceans. Additionally, it is unlikely that residue levels of toxic organochlorines in marine mammals will decline in the near future, suggesting that the adverse effects of these contaminants will steadily spread further to these animals.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(3), 202-210, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831620
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4436772
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ