残留性有機汚染物質 (POPs) と廃棄物-その管理体系の考え方- Persistent Organic Pollutants (POPs) and Waste Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

残留性, 生物濃縮性, 揮散移動性, 毒性を有する有機物質が残留性有機汚染物質 (POPs) である。物理化学特性との関係では, オクタノール水分配係数, 土壌吸着平衡定数, 生物濃縮係数が相互に関連し, さらに分解性ファクターなどが関連して半減期が定まることとなる。さらに地球規模の移動性に関連する揮散性に対しては, 蒸気圧, オクタノール大気分配係数などが重要である。これらの物理化学特性を反映して, 地域規模, 地球規模での空間分布が決定され, さらにその分布に至る時間遅れが規定されることとなる。循環・廃棄との関係では, 意図的用途に生産され, その後使用が取り止められたPOPsである廃PCBや廃農薬などの適正処理が求められる。燃焼過程において, こうした意図的生成物としてのPOPsが副生成物として生じ得ることをコプラナーPCBの例で示した。そして, ダイオキシン類やコプラナーPCBなど非意図的副生成物の発生抑制, 環境サイクルコントロールが肝要である。

Organic compounds, which have such characteristics as persistence, bioconcentration, semivolatility and toxicity, are defined as persistent organic pollutants (POPs) . Among their physicochemical characteristics, the octanol-water partition coefficient, the soil adsorption equilibrium coefficient and the bioconcentration coefficient are interrelated, and degradation factors are involved. For this reason, their half-lives are fixed. Furthermore, the vapor pressure and the octanol-air partition coefficient have a great influence on the volatilization with respect to their global migration. Reflecting these physicochemical characteristics, their atmospheric distribution on a local or global scale is determined, after which the time delay up to the distribution is defined. Concerning recycling and waste management, some POPs have been intentionally manufactured for specific uses. At present it is required that waste PCBs and waste agricultural chemicals, which are included among the banned POPs, must be properly treated. Using coplanar PCB as an example, we showed that such intentionally manufactured POPs can be formed as by-products of incineration processes. The source control of unintentional by-products, including PCDDs/DFs and coplanar PCB, and the environmental cycle control are most important for total management.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(3), 211-225, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831635
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4436773
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ