残留性有機汚染物質 (POPs) の環境動態-五大湖におけるPCBの研究- Environmental Behaviors of Persistent Organic Pollutants (POPs) : Polychlorinated Biphenyls (PCBs) in the Great Lakes Basin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 益永 茂樹 MASUNAGA Shigeki
    • 横浜国立大学 環境科学研究センター Professor, Institute of Environmental Science and Technology, Yokohama National University

抄録

残留性有機汚染物質 (POPs) の環境動態が最も詳しく研究されているは, 北米五大湖におけるポリ塩化ビフェニール (PCB) 汚染である。そこで, ここではPOPsの環境動態の理解のため, 五大湖におけるPCBの研究で得られている知見を紹介する。PCBの生産と使用によって汚染された五大湖では魚や野鳥の汚染とその悪影響が問題となり, 汚染源対策がとられた。汚染レベルの改善は準んだが, 未だに採れた魚の食料としての利用を制限する勧告が存在する。最近の研究では, 減少したPCB流入量より遙かに大きい量のPCBが湖と大気の間で, あるいは, 堆積物と湖水との間でやり取りされていることが明らかになってきた。また, PCBの大気を介した長距離輸送の様子もわかってきた。<BR>そして, ダイオキシン様毒性を持つPCBの生物濃縮にも注目が集まっている。

One of the most extensively studied persistent organic pollutants (POPs) is the polychlorinated biphenyls (PCBs) in the Great Lakes basin, North America. Here, to understand the environmental behaviors of POPs, the studies on PCBs in the Great Lakes region are introduced. After the ban of PCB use and the following control measures against PCB pollution sources, the levels of PCBs in the Great Lakes water have greatly improved. However, PCB levels in some fish species have not fully come down to levels where by the fish are edible. According to the recent studies, a much larger amount of PCBs are exchanged between the lake water and the atmosphere and also between the lake water and sediment compared to the current amount of PCB discharge into the lakes, meaning that PCBs are recycling in the environment. PCBs are also found to be transported in the air to the Arctic. The bioaccumulation of each PCB isomer in aquatic biota has recently become an issue because of the coplanar PCBs which exhibit dioxin-like toxicity.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(3), 226-234, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831664
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4436774
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ