POPs の化学的分解処理技術 Chemical Decomposition Technologies for Persistent Organic Pollutants (POPs)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学的分解処理技術が, 焼却処理の代替技術として注目されてきた経緯についてまとめた上で, POPsの代表物質で, 大量に保管されているものの環境への放出が懸念されるPCBと最近の話題の中心であるダイオキシン類の化学的分解処理技術について紹介する。化学的分解処理技術として, アルカリ触媒分解法, 化学抽出分解法, カリウムターシャリーブトオキサイド法, 金属ナトリウム法, 紫外線照射/微生物分解法などを取り上げた。これらの化学的分解処理技術は, 脱塩素化反応 (PCB中の塩素は, ナトリウムあるいはカリウム塩として除去) を基本としており, 0.5mgPCB/kg油以下まで処理可能である。反応時間は, 50ppm前後の低濃度のPCBでは10分オーダー, 10, 000ppmの高濃度では2~4時間オーダーである。またPCBと同様にダイオキシン類やPOPsの有機塩素系農薬の脱塩素化, 無害化が可能と考えられる。

Long-term storage of wastes containing polychlorinated biphenyls (PCBs), which is one of the priority persistent organic pollutants (POPs), increases the risk of environmental contamination. This paper first describes how chemical decomposition technologies of PCBs have recently been noted as alternatives of incineration.<BR>Secondly several chemical decomposition technologies, which were demonstrated to be very effective for treatment of oil containing PCBs, have been outlined. Because most of these technologies are based on chemical dechlorination reactions under alkaline and anaerobic conditions, they are suggested to be applicable to the decomposition of dioxins and organochlorine pesticides. Actually it was demonstrated that the base catalyzed decomposition (BCD) process, which is one of the chemical decomposition technologies, could dechlorinate dioxins and organochlorine pesticides as well as PCBs.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(3), 235-246, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831707
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4436775
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ