廃油関連廃棄物中の残留性有機汚染物質 (POPs) の分析方法について Analytical Methods of Persistent Organic Compounds (POPs) in Waste Oil Samples

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 野馬 幸生 NOMA Yukio
    • 広島県保健環境センター Senior Reseacher of Waste Science Section, Hiroshima Prefectural Health and Environment Center

抄録

残留性有機汚染物質のうち緊急対応の対象となっているPCBs, 有機塩素系農薬, ダイオキシン類の廃油中の分析法について, PCBsにおけるクリーンアップ法と測定法を中心にまとめた。測定法としては, 低分離能のパックドカラム装着のGCとECD (LRGC/ECD法) , 高分離能のキャピラリーカラム装着のGCとECD (HRGC/ECD法) , 高分離能のキャピラリー・カラム装着のGCと低分解、能のMS (HRGC/LRMS法) , 高分離能のキャピラリーカラム装着のGCと高分解能のMS (HRGC/HRMS法) の4つの方法が用いられているが, いずれの方法においても廃油中の微量分析には, クリーンアップ操作が最も重要である。油の種類により除去すべきマトリックスは異なるため, 各クリーンアップ操作により除去しうる物質を整理して示した。4つの測定法には, 正確性を第一とする方法と, 迅速性, 簡便性を優先する方法とがあり, 目的や定量限界に応じて使い分ける必要がある。正確性の高い測定法と迅速性のある測定法との相互比較を行うことにより, 汎用的な機器測定時における精度を保証できるデータの蓄積と評価が今後の課題である。

Analytical methods for polychlorinated biphenyls (PCBs), organochlorine pesticides, and dioxins, known as POPs, are reviewed. Some components in oil samples, causing severe interferences in the determination of POPs, should be almost perfectly removed through clean-up processes such as sulfuric acid treatment, alkali treatment, and column chromatography with florisil, silica gel, alumina or activated carbon. Depending on what kinds of components are in the oil sample, it is necessary to determine an appropriate combination of clean-up processes. Four types of determining equipments, a low resolution packed column GC attached by an electron capture detector (LRGC/ECD), a high resolution capillary column (HR) GC/ECD, a HRGC/low resolution (LR) mass spectrometer (MS), and a HRGC/HRMS, are tabulated in regard to their advantages and disadvantages. All of the four methods are usable in PCBs analysis at the detection limit of 0.5mg/kg in waste oil samples, but specially careful and perfect clean-up processes will be needed for the LRGC/ECD method.<BR>To accurately detect each isomer during analysis, the HRMS method is the most recommended. To analyze many polluted waste samples, a HRGC/ECD or a HRGC/LRMS is requested as the widely used rapid method. The method using an ECD or a LRMS is inferior to a HRMS in accuracy, but it will be usable for screening purposes after the accumulation of analytical data.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(3), 247-262, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  62件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4436776
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ