PRTR と POPs PRTR and POPs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

PRTRは, 化学物質の排出量を報告させることによって事業者に自主管理を促進する手段として, 米国, カナダ, 英国, オランダなどで既に導入されているが, OECDの勧告を受けてわが国でもパイロット事業が行われている。この中では, 暴露と有害性の両面からから高いリスクを有するとして選定された178物質について, 大気, 水, 土壌への排出量と廃棄物としての移動量を報告することを事業者に求めている。また, 移動発生源や家庭などの面源については行政が排出量を把握している。<BR>環境に蓄積するPOPsによる環境リスクを低減するには, 排出濃度よりも排出量を削減することが重要であり, 排出量を管理させるPRTRはPOPsのリスク低減に有効に働くと期待されるが, POPsの多くは非意図的な生成に伴う排出が主であり, 予め発生源を特定し, 報告を求める事業者を特定しておくことが必要となる。

Several countries in the OECD have established or are developing a PRTR system. To implement the OECD Council recommendation, a pilot study of PRTR systems is being carried out in Japan. In this system industrial facilities are required to report the volume of selected 178 toxic chemicals which are released to air, water and soil and transfered to off-site location for disposal. The volume of chemicals which are released and transfered from small and diffuse sources, are estimated by governmental offices. For risk reduction of POPs which are accumulated in the environment, the reduction of emission volume is more important than the reduction of emission concentration. Therefore, the PRTR system is a useful strategy for risk reduction of POPs. But, most POPs are released by unintentionally by various human activities, so emission sources must be identified beforehand.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(3), 263-272, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831790
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4436777
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ