ヨーロッパにおける最近の容器包装規制政策の動向 Recent Development of Packaging Recycling Regulation in Europe

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では, 欧州における廃棄物政策の基本的な考え方の変遷を概説した。欧州の廃棄物政策のキーコンセプトは「拡大生産者責任」政策と「環境政策と経済競争政策の調和」にある。<BR>拡大生産者責任は, 汚染者責任の原則に基づいて従来の生産プロセスにおける環境責任からさらに消費プロセスでの製造物責任 (欠陥製品による損害責任) , 処理プロセスでの潜在的関係者原則に基づく土壌汚染等の損害責任や現状回復責任, さらには, リサイクルプロセスでの回収・選別義務 (テイクバック義務) , 再生 (再商品化) 義務, 再利用義務 (ミニマム・コンテント) にまで展開されている。<BR>一方, 環境の品質競争をしているがゆえに価格競争や品質競争をしなくてもよいということではなく, これら三つの競争を両立させることが「環境と競争政策」の課題といえよう。

The purpose of this paper is to describe briefly evolution of waste management policy, especially, interested in so called packaging recycling regulation in Europe. The development of"Extended Producer Responsibility Policy" and"Environment and Competition Policy"is analyzed. Those new policy packages will be more promising tools in the future.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(4), 283-290, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831806
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4538954
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ