本格施行1年を迎えた容器包装リサイクル法 The Actual Situation of Law for Recycling of Containers and Packaging

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山田 耕蔵 YAMADA Kozo
    • 厚生省水道環境部 Director, Office of Recycling, Promotion, Waste Supply and Environment Sanitation Dept., Ministry of Health and Welfare

抄録

ごみの減量化および資源の有効利用を目的として平成7年6月に成立した容器包装リサイクル法は, 平成9年4月から本格施行された。現在, 法に基づき, ガラスびん, ペットポトル等7品目についての分別収集・再商品化が行われている。<BR>本格施行から1年が経過したが, これまでの分別収集・再商品化の実績を見ると, いずれの品目も分別収集計画の数値には達しないものの, 初年度にしてはまずまずの結果であり, 特に, ペットボトルは前年に比べて大幅に収集量が増えている。<BR>平成12年度からは法が完全施行され, ペットボトル以外のプラスチック製容器包装と, 飲料用紙パック以外の紙製容器包装の分別収集, 再商品化が開始される予定であり, 現在, 関係省庁において完全施行に向けた検討を進めているところである。

The Law for Recycling of Containers and Packaging which was promulgated in June, 1995, has been enacted since April, 1997. The law gives responsibility to municipal governments for the collection of sorted recyclable waste such as glass containers, PET bottles, iron and aluminum cans and paper cartons (mainly for milk), and gives responsibility to businesses for production of recycled products.<BR>It is also planned that all types of paper and plastic containers will be subject to this law, starting from the year 2000. Therefore, preparations are now underway for enforcement of the revised law.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(4), 302-311, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4538956
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ