容器包装廃棄物リサイクルへの自治体の取り組み Municipal Action for Containers and Packaging Recycling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

容器包装リサイクル法が施行されてから1年を迎える。<BR>この法律は, 法律案作りの時からいろいろと問題を抱えていた。しかし, 関係者の努力もあって, 法律の目指すところは現在の段階では機能している。しかし, 市町村が肩代わりする中小企業, 零細企業の負担, 分別基準に対する消費者の役割分担, 市町村の取り組みの多様化, 循環型社会の構築のテザインの不在, リサイクルの条件との整合性, 廃棄物の概念の見直し, 平成12年4月1日の施行の問題など, これから取り組まなければならない問題が, 数多くある。<BR>特定家庭用機器廃棄物リサイクル法が今国会で審議されている。このような状況の中で, ますます, 廃棄物とリサイクルとの位置づけ, リサイクルを推進し, それと循環型社会形成にどう結び付けるか, 今後の課題は大きい。

One year has passed since the Container and Package Recycling Law was enforced.<BR>This law has faced various problems from the beginning. But due to the efforts of the parties concerned it is functioning somehow at present. There are still many problems we have to resolve by April 1, 2000 when the low is put into full effect. In particular, it is the serious problem that municipalities have to take over the financial burden imposed on small and medium sized companies. Furthermore, promotion of recycling and establishment of the recycling-oriented society are our future challenges.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(4), 312-319, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831815
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4538957
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ