一般廃棄物の処理工程での事故事例とその解析 Lesson from the Case Study of the Accident in the General Waste Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一般廃棄物では収集運搬, 処理過程で少なからぬ事故が発生している。一般廃棄物を取り扱う工程での安全を担保するためには, 危険性の実態を把握することが重要である。廃棄物処理管理技術者協議会では厚生省の協力の下に, 平成4年から8年の間に一般廃棄物処理施設で発生した事故に関するアンケート調査を行い興味のある結果を得た。5年間で400件近くの事故が報告され, その中には32名の死亡者と198名の負傷者が含まれ, 被害額1, 000万円以上の物損事故は30件以上発生した。<BR>カセットボンベなどに起因する火災, 爆発事故が多発し大きな施設破壊と時には人身事故を引き起こしていた。また, 施設の老朽化や処理対象廃棄物の増加, 作業マニュアルの整備の不足は種々な労災事故の原因となっていた。さらに, 新規な処理技術の開発や処理対象物質の多様化が進んで, 混触による中毒や異常反応に伴う爆発など, 事故の形態がこれまで以上に複雑化してくる可能性が示唆された。

As case history analysis is an effective tool for loss prevention and safety control, accident data of general waste management facilities occurred during 1992 -1996 were collected. Many fires, explosions and physical accidents were reported and a large number of employees died or were injured. It can be concluded from analysis that safety education, alternated safety systems in existing facilities, knowledge of the safety characteristics about waste materials and prevention of human error are important to decrease accidents.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(4), 337-343, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831840
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4538960
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ