生態毒性の評価とバイオアッセイ Ecotoxicity Evaluation and Bioassay of Chemicals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 青山 勳 AOYAMA Isao
    • 岡山大学資源生物科学研究所 Research Institute for Bioresources, Okayama University

抄録

ダイオキシン, 環境ホルモンに代表される有害化学物質による環境汚染は, 地球規模にまで拡大し, あらゆる生命体と生態系の存亡と破壊に関わる重大な影響をおよぼすことが懸念されている。化学物質の環境影響評価は, 人の健康におよぼす影響と生態系におよぼす影響とが区別されて論じられることが多いが, 共通の問題として認識されることが重要である。<BR>有害化学物質の生態毒性を論じる場合, 学問的には生態系の構造と機能に関わるところでの評価がなされねばならない。実際に環境に放出された化学物質の環境影響評価には対象とする化学物質の化学分析とバイオアッセイとが並行して行われることが必要である。しかし市場に出ているすべての化学物質を化学分析によって検出することは事実上不可能である。そこで先ずバイオアッセイによって有害化学物質の存在を確認した上で, 物質の測定を行って, そのリスクの大きさを評価するのが望ましい。本稿では化学物質の生態影響評価におけるエンドポイント, バイオアッセイの方法, 考え方について述べた後, 最後に事例として, 産業廃棄物埋め立て地からの浸出水の生態毒性評価について述べる。

Environmental pollution from toxic chemicals such as dioxin or endocrine disrupters has now spread globally, and it is feared that its serious effects may include crises and destruction of all life and ecosystems. Environmental evaluation of chemicals are apt to discuss separately the effects on human health and on ecosystems, but I think it is important that both effects should be recognized as a common problem.<BR>When ecotoxicity of chemicals is discussed, evaluations of the structure and function of ecosystems should be done. It will be necessary to carry out chemical analysis and bioassays for environmental assessments of chemicals actually released to the environment. It is, however, impossible as a matter of fact to determine all chemicals on the market. Therefor, first of all, we should confirm the existence of chemicals by bioassays, and then we should determine chemicals. It is also desirable to evaluate the amount of risk. In this paper, I will discuss endpoints of ecotoxicity and the methods and conceptions of bioassays and then finally-as a case study the ecotoxicity evaluation of leachates from industrial waste landfills.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(5), 358-367, 1998-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831846
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4540697
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ