急性毒性試験による廃棄物の有害性評価 Assessment of Hazardous Wastes Using Acute Toxicity Tests

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物に起因する有害性を, 総合的に評価する方法として, 生物検定法 (バイオアッセイ) が注目されている。本文では, 現場で, しかも迅速にかつ簡易に評価できるスクリーニング手法の確立に向けて, 細菌, 藻類, 動物プランクトンを用いた急性毒性試験による廃棄物の有害性評価を試みたいくつかの事例について, 各試験方法を概略した上で, 廃棄物自身の有害性評価と有害な廃棄物 (汚染土壌も含む) の無害化処理プロセスの評価の観点から紹介した。

The traditional approach to hazardous waste management has been to make a series of chemical analyses of regulated pollutants and to use these concentrations in conjunction with existing chemical standards. In using this approach ecological considerations are minimized relative to human health concerns. On the other hand, bioassays provide a more direct measure of environmentally relevant toxicity levels and they also provide a means of screening a wide variety of samples for acute toxicity levels. This is not to say that short term bioassays using bacteria, algae, and zooplankton are without their limitations (for example, bioaccumulation factors, carcinogenic and mutagenic effects, etc.) . The lack of consensus on which tests to use and on how to apply them to hazardous waste management has hindered their general application. As this had been the case, an acceptable approach had to be developed. In this paper, some possible suggestions for such an approach were introduced.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(5), 384-393, 1998-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831913
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4540700
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ