変異原性試験による廃棄物埋立地の安全性評価 Safety Assessment of Landfill by Mutagenicity Test

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

昨今, 有機化学物質による生態系の異常が顕在化しており, 化学物質の安全性評価手法としてバイオアッセイが注目されている。本報は, 埋立地周辺の安全性を評価することを目的として, 著者らが十数年来調査研究を行ってきた「埋立地の変異原性」について取りまとめたものである。その中で, 埋立地浸出水中の変異原性物質はpH2の酸性条件下でSep-Pak Plus CSP 800に効率よく吸着される物質であることがわかった。また, 浸出水中の変異原性物質の大部分がS.typhimurium TA 98株, S9mix無添加条件下で検出されるフレームシフト型の直接変異原物質であり, 変異原性をモニタリング指標として利用する場合, 検出操作の簡素化が期待できることがわかった。埋立地における変異原物質の消長は微生物の好気性代謝と関連しており, 変異原物質は埋立層内が好気的になる程早く浸出水中に溶出し, 早期に消失することもわかった。これは, 埋立地において変異原物質の制御が可能であることを示している。今後の課題として, (1) 非変異有害物質の検出方法の確立, (2) 埋立地内に存在する変異原前駆物質のリスト評価上における位置付け, (3) 変異原物質の化学的正体の解明等が残された。

Recently, the influence of chemicals such as carcinogens and endocrine disrupters on the ecosystem has become a serious problem in Japan. Attention has, therefore, gathered around a bioassay including a genotoxicity (mutagenicity) test. We focused on a mutagenicity related with carcinogenicity as a safety assessment index of landfill and have been investigating the mutagens in waste and leachate since 1986. This paper provides a summary of the results of our investigation. The main results are shown below.<BR>1) The mutagens in leachate are effectively adsorbed on Sep-Pak CSP 800 in lower pH (pH 2) .<BR>2) Most mutagens in leachate are a direct mutagen induced frameshift mutation which is detected by using<I>S. typhimurium</I>TA 98 without S9, so that we can simplify the mutagenicity test.<BR>3) The fate of mutagens in landfill depends on aerobic biodegradation ; the more the landfill layer is aerobic, the faster the degradation of mutagens.<BR>4) The problems to be solved are to establish a detection method for hazardous nongenotoxic chemicals, to decide whether premutagens should be included in the mutagens from the viewpoint of risk assessment or not, and to identify the mutagens.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(5), 394-403, 1998-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831930
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4540701
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ