リサイクルの総合法制の方向 Moot Points of the New Recycling Law and a Propasal for a Framework Comprehensive Law pertaining to Waste Management and Recycling in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近時, 個別のリサイクル推進法が制定されたが, その特徴は再商品化ないし, 引き取りおよび再商品化について事業者の責任としたことにある。わが国の廃棄物・リサイクル問題の原因は, (1) 物質循環の輪からはずれて廃棄物となることによる環境負荷の増大, (2) 廃棄物でなくなることにより生ずる環境保全対策の抜け道の存在, (3) 上流での対策の不十分, (4) 最終廃棄物の受入先の減少にあるが, 廃掃法とリサイクル法の2本立てがこれらの問題を生じやすくさせている。その解決のためには, 「目標の設定→実行→達成状況のフォロー→新たな目標の設定」というプロセスを総合的に進める枠組法を制定すべきである。その際, 製造者には, 製造物を環境適合的方法でリサイクル・処分しうるよう設計する義務, 使用済み製品の引取義務を課し, 質的又は量的に環境負荷が高く, 通常のシステムではリサイクル困難なものについては無償の引取を義務づけるのが適当である。

Recently two new laws regarding recycling have been enacted by the Japanese Diet. One pertains to containers and packaging. The other pertains to electrical appliances. Under these laws businesses are held responsible for recycling the waste products they produced. With regards to electric appliances, businesses are also under obligation to recuperate them for a charge.<BR>In order to avoid the division between waste management and recycling, which hinders the development of recycling strategies, a framework comprehensive law for developing waste management and recycling programs should be established. It is important that the idea of"Extended Producer Responsibility"be introduced within this law. Producers should be held responsible for the recuperation of waste products without a charge, when it is supposed that they are the ones who lay the burden on the environment vis a vis the quality or the quantity of their waste products.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(6), 413-423, 1998-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002831951
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4579874
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ