産業廃棄物処理施設設置手続をめぐる法的問題 Legal problems Regarding the Siting Procedure of Industrial Waste Disposal Facilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

97年の法律改正により産業廃棄物処理施設の設置許可手続が大きく変化したが, これまで行われてきた自治体ごとの事前手続はなお維持される見込みである。本稿は, 問題の核心が社会的な紛争であるという視点から, 自治体の事前手続における都道府県, 市町村, 住民の役割認識を検討することを通じて, 廃棄物処理法の事業許可手続では処理しきれない利害状況であること, むしろ紛争当事者間の交渉が可能となる枠組みを創り出すべきことを指摘する。

While the 1997 amendment to the Waste Disposal Law has substantially modified the siting procedure of industrial waste disposal facilities, it is a general projection that the practice so far formulated by various local governments requesting certain cooperation from applicants in advance may not be much affected. From the perspective that a social conflict is at issue, this article discusses what roles should be played by prefectural governments, municipalities, and residents in such local practice of prior procedure. It concludes that the stake of conflicts is well beyond the procedure of permit programs provided for in the Waste Disposal Law, and that a framework for negotiative solution among conflict parties is desirable.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(6), 444-452, 1998-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  59件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832076
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4579877
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ