ごみ処理の広域化に向けて Towards Larger Designated Areas for Regional Waste Disposal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ダイオキシン排出量の削減を目的としたごみ処理の広域化計画について, 検討すべき課題と問題点および解決策を取り上げた。<BR>計画策定に際して焼却能力が100t/日以上であるとした場合, 広域化を推進するにあたって無理がかかる市町村がでてくる可能性が示唆された。また, 地域性の問題として, 適用する焼却炉の能力範囲とごみ輸送の効率化による運搬費の低減化も課題となる。これらの問題を解決する方法として, ダイオキシンの恒久対策に適用可能な高性能小型焼却炉の開発やRDFによるごみ輸送の低減化があげられる。

Regarding the provision of larger designated areas for waste disposal with the aim of decreasing dioxin emissions, there are many issues and problems involved.<BR>It has been recognized that there are a number of municipalities which will be unable to accept large regional waste disposal, if their incineration capacities exeed more than 100 t/day. Issues such as the application of these incineration capacities and the reduction of transport costs add to the area specific problems of variable regional characteristics.<BR>There are some strategies which could solve these problems. For example: one is the development of high performance small incinerators for the emission control of dioxins and another is the reduction of transportation costs by using RDF.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(7), 462-469, 1998-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832138
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4623521
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ