新処理技術の展開 Development of New Waste-to-Energy Technology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごみ処理を取りまく状況は, ダイオキシン類削減問題, 処分場の逼迫およびリサイクル型社会の構築等大きな転換期を迎えている。<BR>この状況に対応した新しい処理技術として, 次世代型ごみ焼却技術の中核を担う「ガス化溶融炉」, 焼却処理の重要な構成システムである「排ガス処理技術」, 「灰資源化技術」および「エネルギー回収技術」の最新の動向を紹介する。また, 水分の多い厨芥ごみの脱焼却処理として注目される「バイオガス化技術」の概要を紹介する。<BR>これら新処理技術は, ごみ処理問題の解決に向けた行政をはじめとする各方面の様々な取組において, 地域的な特性やごみの性状を考慮した適切でかつ多様な選択肢を提供する意味で重要な役割を果たすと考える。

Issues concerning MSW treatment are entering a new phase. These include the problems concerning PCDDs/PCDFs reduction, the shortage of available landfill sites and the formation of social systems geared towards recycling.<BR>Gasification and pyrolysis processes are introduced in this paper as the core technology behind the next generation of MSW incineration. The latest trends in flue gas purification, resource recovery from ash and energy recovery are also introduced as the most important components used in modern incineration systems. In addition to these incineration related topics, biogas production is over-viewed, as an expected alternative to high-moisture content (garbage) incineration.<BR>These new treatment technologies offer a wider variety of choices, from which an optimum treatment process can be chosen taking into account local conditions and waste characteristics in an effort towards solving MSW treatment problems.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(7), 470-486, 1998-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832144
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4623522
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ