新処理技術を組み合わせたシステムの検討 Study of Refue Disposal System Composed of New Technologies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今日, 廃棄物ゼロエミッションが提唱されるなど従来のごみ処理システムの枠組みは, 地球温暖化やオゾン層の破壊など地球環境の保全を重視する視点から, さらには容器包装リサイクル法のスタートや大気汚染防止法によるダイオキシン規制など法制度面からも大きな変革期を迎えており, 従来の焼却処理を主体としたごみ処理システムもこれらに呼応する形でその変革が求められている。<BR>このような状況をふまえて, 今後, 自治体が構築すべきごみ処理システムの方向性としては, 環境負荷を最小に抑えごみから資源・エネルギーを最大限回収する循環型のごみ処理システムであるとともに, 最終処分量の観点から焼却灰についてもリサイクルの促進を図って行く必要がある。<BR>そこで, 京都市では再資源化技術動向調査において, 容器包装リサイクル法が全面施行された後の家庭ごみを対象とした中間処理システムについて, 新処理技術を組み合わせたシステムの検討を, 具体的なケーススタディとして実施した。本稿では, このケーススタディの結果の概要と, 現状と将来のごみ質の変化に対応した, 望ましい焼却処理システムの方向性についても紹介する。

Conventional waste control systems centered on incineration now face need for drastic change. This is necessary due to the demand for zero-emission of waste prompted by environmental issues such as global warming and the destruction of the ozone layer. It is reinforced by furthermore, the newly enacted laws such as those regarding the recycling of Containers and Packaging and Air the Pollution Control Law (with as emphasis on dioxin control.) reinforce this necessity for change.<BR>In the future municipal waste-control systems should Provide complete recalculation that minimizes environmental burdens while maximizing resource recovery including energy derived from waste. It will be necessary for incineration ash to be recycled in order to prolong landfill life.<BR>In our report on the trends in resource recovery technology, a case study of a combination of new waste-control technologies has been done. This was done as an envisionment of what would become of MSW intermediate processing systems after the full implementation of the Recycling Law of Containers and Packaging. The following article outlines this study.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 9(7), 496-508, 1998-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832194
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4623524
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ