内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン) Endocrine Disrupter (Environmental Hormone)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松井 三郎 MATSUI Saburo
    • 京都大学工学部附属環境質制御研究センター Research Center for Environmental Quality Control, Kyoto University
    • 松田 知成 MATSUDA Tomonari
    • 京都大学工学部附属環境質制御研究センター Research Center for Environmental Quality Control, Kyoto University

抄録

環境ホルモンの問題が大変関心を集めているが, まだ良くわからないことが多い。本解説では, 環境ホルモンの野生生物や人間への影響, 各種ホルモンの構造とその作用メカニズム, 主要な女性ホルモン様化学物質の構造とその汚染源について論じる。

Although the matter of "Endocrine Disrupter (Environmental Hormone) " is becoming a big problem, many things remain unclear. In this review, the impacts of environmental hormones on animals and human beings, the structure and the mechanisms of action of each hormone, and the structure and pollution sources of major estrogen mimics are discussed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(1), 67-74, 1999-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832210
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4664161
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ