水質環境基準の見直しと埋立処分 Revision of Environmental Water Quality Standards and Waste Disposal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国では人の健康および生態系の保護の観点から水質環境基準が設定されており, それを達成する手段の1つとして水質環境基準項目が多量に溶出する廃棄物について無害化処理あるいは遮断型処分場への処分が求められている。今回, 要監視項目の調査結果に基づいてホウ素, フッ素と硝酸性窒素および亜硝酸性窒素の3項目が新たに水質環境基準項目に加えられた。これらの項目についても廃棄物の埋立処分の規制が必要になると考えられるが, これらの項目は従来の水質環境基準項目とは異なる特徴を有しており, その特徴を考慮した規制が必要と考えられる。今後も水質環境基準の継続的な見直しが行われ, それに応じて規制項目も増えていくと考えられるが, それに伴ってモニタリングなどに要するコストが増大することから, 将来的にはバイオアッセイ手法などを組み合わせた埋立廃棄物の効率的な管理が必要になると考えられる。

In Japan, environmental water quality standards are set up relating to the protection of human health. In order to achieve these standards, wastes containing these standard items at high concentration, will have to be detoxificated or disposed in places which are isolated from public water areas and subsurface water. This time, 3 items, boron, fluorine, and nitrate and nitrite, have been added to the standards. But, the characteristics of these items are different from old standard items. So, the wastes containing these items at high concentration are treated or disposed based on different points of view. The increase of water quality standards causes the increase of costs for monitoring and test, and therefore a management system for hazardous wastes including bio-assay is necessary in the future.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(2), 128-137, 1999-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832256
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4697239
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ