土壌環境の保全と埋立処分 Conservation of the Soil Environment and Waste Disposal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

土壌汚染は蓄積性の汚染である。このため, 土壌汚染の対策は未然防止対策と回復対策にわかれる。またその目標は土壌環境基準である。<BR>廃棄物処理法の埋立処分基準の強化は土壌汚染の未然防止に大きな役割を果たしている。廃棄物の最終処分場は汚染物質を意図的に一般環境から区別して封じ込めている場所であるので土壌環境基準は適用除外されている。新たに廃止基準が導入されたが, 廃止後の処分場が一般環境ふら区別する機能を維持していれば同じく適用除外となる。<BR>汚染土壌の回復対策は第一に浄化, 少なくとも曝露経路の遮断が基本である。市街地の土壌汚染対策については本年1月に土壌・地下水汚染に係る調査・対策指針を改定し, 浄化を位置づけたが, 基本は廃棄物処理法の埋立処分基準にならっている。また土壌中のダイオキシン類についても検討を進めているところである。

Soil contamination is by nature accumulative. For this reason, control measures regarding soil contamination are divided into preventive and remedial approaches.<BR>The target of these measurements are for setting Environmental Quality Standards for soil.<BR>Reinforcement of the landfill standards set by the Waste Disposal and Public Cleansing Law have played an important role in the prevention of soil contamination.<BR>Since the landfill site is a place which define an area of containment from the environment, Soil Environment Quality Standards are not applied.<BR>The abolition standard has recently been introduced into the waste processing method. If the landfill site after abolition maintains a function distinguished from the environment, Environmental Quality Standards will also not be applied.<BR>Remedial measures applied to polluted soil are, firstly, to clean up and at least, to intercept human exposure to the soil. The Environment Agency revised investigative/measurement guidelines for soil and groundwater in January of this year.<BR>Examinations have also been made for the dioxins in contaminated soil.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(2), 138-146, 1999-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832272
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4697243
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ