廃棄物埋立処分場の構造基準について Appropriate Structural Code for Waste Disposal Sites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物の適正処理・処分の必要性から最終処分場の構造について, 平成9年の廃棄物処理法の改正に伴って, 平成10年6月16日に総理府・厚生省令第2号として「一般廃棄物および産業廃棄物の最終処分場に係わる技術上の基準」の改正案が官報告示された。Fail-safeの設計規範の視点から, わが国の最終処分場の遮水工構造が不十分であることを指摘してきたが, 今回の改正によって, 公式に二重シートが規定されるなど, 一定の前進が見られている。しかしながら, 諸外国の遮水工の規定と比較すると必ずしも万全の構造とはいえないことを地盤工学的立場から明らかにし, 海面埋立地, 内陸埋立地によく見られる処分場断面事例における遮水性能を検討するとともに, より適正な遮水工構造のあり方を探るものである。

It is very important to establish an appropriate structural code for waste disposal sites in Japan. A new structural code was decided in 1998 by the Ministry of Public Welfare. It was an improvement over the last structural code with a fail-safe philosophy of design. The code officially introduced a double liners system with geomembranes. This new code, however, is still characterized by a lack of safety from a geotechnical point of view and should be improved still more compared with American and European Standards. The author points out the problems of the new code and evaluates the liner characteristics in inland and off-shore disposal sites by the advection and diffusion phenomena. An appropriate liner structure is proposed with the results of calculated liner functions.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(2), 147-155, 1999-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832277
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4697247
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ