環境ラベルと廃棄物処理 Environmental Labels and Waste Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

規制的手法が難しい現代の環境問題ごみ問題にあっては, 消費者と事業者がそれぞれ自主的に環境負荷の少ない, 廃棄物の発生を抑制する行動をすることが求められる。環境ラベルはその際に, 消費者に対して製品等の環境情報を適切に提供する一手段であり, 事業者にとっては, 社会的な責任としての環境情報開示の一種であるとともに, グリーンマーケテイングにとっても重要な手法である。環境ラベルを適切に廃棄物行政に用いることにより, 大きな効果を上げることができると考えられる。

With regard to current environmental protection and waste management, it is hard to solve these issues by regulation. As a result, consumers and enterprises need to voluntarily take environment-friendly action. Environmental labeling is a way of providing consumers with environmental information when selecting products and, for enterprises, it is also useful in not only disclosing information as a part of social accountability but also as an important part of green marketing. If used properly, environmental labels will make a great contribution to industrial waste administration.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(3), 180-184, 1999-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832328
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4760008
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ