政府の環境ラベル, グリーン購入の取り組み Japanese Government Measures which Promote Environmental Labelling and Green Purchasing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 唐木 徳子 KARAKI Noriko
    • 環境庁企画調整局環境保全活動推進室 Office of Environmental Activities, Environment Agency of Japan

抄録

環境庁では, 環境基本法や環境基本計画に基づいて環境保全型製品の利用の促進について各種施策を取り組んでいる。<BR>この施策には1989年から開始されているエコマーク制度や1997年に設立されたグリーン購入ネットワーク, 1998年に策定した推奨リストなどがあり, さらに, 今後の環境情報の提供の在り方について述べている。

Through the implementation of the Basic Environmental Law and the Basic Environmental Plan, the Environment Agency of Japan has taken many measures to promote the use of more en-vironmentally friendly products.<BR>These measures include the Eco-Mark Program, started in 1989, the Green Purchasing Network, established in 1997 and the Product Recommendation List, established in 1998, to name just a few.<BR>In this report I will describe how these, and other programs, provide valuable information to consumers on environmental purchasing.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(3), 185-190, 1999-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832332
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4760025
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ