NECの 環境型製品開発の取り組み Development of Environmentally-Conscious Products (ECP) by NEC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地球環境を保全し, 持続的経済発展をするための循環型社会の構築に向けた企業の役割として, 環境保全に適合した製品の開発や, 使用済み製品の回収・リサイクルを考えた活動がますます重要になってきている。NECは1991年11月に「NECの環境憲章」を制定し, 環境との調和を経営の最高課題のひとつと位置づけるとともに, 環境保全に適合した製品 (環境配慮型製品) の提供をめざしている。<BR>環境配慮型製品の開発をさらに加速するとともに, お客様へ製品に関する環境情報を積極的に開示することを目的に, NEC版環境ラベル「エコシンボル」制度を導入した。本稿では, この「エコシンボル」制度の概要と, エコシンボル認定第1号製品となったパソコンの環境配慮型製品開発の取り組み事例を紹介する。

In order to preserve the global environment and to maintain sustainable development, manufac-turers today are expected to build resource-recycling through their businesses, especially by producing environmentally-conscious products and by establishing recycling systems for their used prod-ucts. At NEC we made a commitment in our Environmental Charter, published in 1991, that we would contribute to a sound environment through technology that harmonizes with nature and through production that is environmentally friendly.<BR>Recently we started the NEC self-declared eco-labeling scheme which we named"Eco-Symbol", to promote our ECP development and to announce our environmental criteria to the public through our Internet homepage.<BR>Special mention should be made of the"Eco-Symbol"scheme and especially the environmentally-conscious PC, which was the first NEC product to be released with the"Eco-Symbol"mark.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(3), 197-201, 1999-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832337
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4760149
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ